家計が助かる男性型脱毛症治療をしよう

最近、抜け毛が酷いし頭髪が少し薄くなったかも知れないと感じる時が、増えている様であれば早めに、くすりエクスプレスで販売しているエフペシアという男性型脱毛症の為の治療薬を利用し、治療を進めた方が良いかも知れません。
男性型脱毛症で最もポピュラーな脱毛タイプは、こめかみ辺りから後退していくM字型などがありますが、これは全ての男性が脱毛する訳ではありません。
脱毛は遺伝的な要因だけが原因では無く、後天的な要因である食生活の乱れや運動不足、あるいは蓄積されたストレス等も原因であると考えられています。
未だ研究の段階ですが、DHTと言われる男性ホルモンが起因している事は間違いありません。
日本では男性型脱毛症専門の病院やクリニックが出来ています。
そこで専門医の診察・診断を受け、医薬品の処方箋を貰い最寄りの調剤薬局でプロペシアを貰えば良いのでは、という声も聞こえてきそうです。
確かにその考えには一理ありますが、問題もあります。

 

それは、自宅の最寄り駅に専門のクリニックがあれば良いのですが、電車を乗り継いで何時間も掛かる場所にある場合には、1回病院に行って薬を貰って終わりではありません。

 

少なくとも半年、あるいは1年間は通院しなければならないのですから、交通費も馬鹿にならないのです。
更に言えば、男性型脱毛症の治療は健康保険が適用されませんから、3割負担で診てもらい、3割負担で薬も貰える訳ではありません。
つまり、全額自分で負担しなければならないのです。
その様な場合に利用すると便利であるのが、医薬品の個人輸入代行業者であるくすりエクスプレスです。
くすりエクスプレスではプロペシアも販売されていますが、ジェネリック医薬品であるエフペシアもあります。

 

効果もほぼ同等であり、なおかつ格安で購入出来るので利用しない手は無いでしょう。
この製品はインドの製薬会社で製造・販売されているのですが、インドはジェネリック医薬品の協定国に加盟していない為に、プロペシアの有効成分の特許が切れていなくても販売出来るのです。
その様な医薬品を購入するのは日本の法律に違反しているのではないかと懸念する人もいるかも知れません。

 

ですが、日本の薬事法では個人で使用する一定量に限れば、医薬品は個人輸入業を介して入手する事が出来ます。
但し、入手した医薬品を第三者に販売や譲渡する事は禁止されていますので、注意が必要です。
エフペシアに人気が出たきっかけは、もともと人気があったプロペシアと同じ成分が配合されているからです。
フィナステリドという成分が、男性特有の脱毛症状を緩和して、頭皮の環境を整えてくれます。
長く使い続けることで、更に効果が期待できるといわれています。
ですが、先発医薬品であるプロペシアは少し高いということがネックでした。
長く続けることが出来にくかったのですが、ジェネリックのエフペシアの登場で価格がグンとおさえることができたので、人気に火がつきました。